1. ホーム
  2. 血液
  3. ≫血液がドロドロになると血管年齢も高くなる!その原因は?

血液がドロドロになると血管年齢も高くなる!その原因は?

血液ドロドロになると、身体がむくんだり冷え性を発症したりします。
さらにそれだけではなく、脳梗塞や高血糖、体の麻痺など命に関わる病気に繋がってしまいます。
では、血液ドロドロになってしまう原因は何なのでしょうか?
今回は血液ドロドロの原因についてまとめました。
原因を理解し、血液ドロドロの状態にならないように対処していきましょう。

血液ドロドロの状態とは?
血液ドロドロとは、赤血球が多すぎる状態です。多すぎるとドロドロになってしまいます。
逆に赤血球が少なすぎると貧血状態になります。
血液の粘りが強くなり血液が流れにくくなってしまいます。
毛細血管を傷つけてしまったり、ふさがってしまう状態になる場合もあります。
赤血球が正常値の状態でいるのが、必要です。ですが白血球が正常値ではない場合も影響が出てきます。
止血するときに働く血小板も血液ドロドロにしてしまうのです。

血液ドロドロの原因は?
血液ドロドロの原因の5つについてまとめました。
原因をしっかり理解し、改善していけるようにしましょう。
1.運動不足
2.飲酒や喫煙
3.ストレス
4.食生活の乱れ
5.水分不足

1.運動不足
有酸素運動をすることで、体の血液中のコレステロールや脂肪が燃焼されます。
逆に運動不足の状態でいるとコレステロールや脂肪がどんどん貯まってきます。
そして代謝も悪くなるので、体に貯まった老廃物も流れなくなり血液ドロドロの原因になります。

2.飲酒や喫煙
過度な喫煙は、血管を収縮させます。さらにコレステロールが悪く働き血管の弾力もなくなってしまいます。
ストレスを多く感じている人ほど、たばこを吸いやすく赤血球が増え血液ドロドロになります。
適度の飲酒は血液の流れをよくする働きがあります。ですが過度に飲酒をすると血管を収縮させます。
楽しむ程度にして、自分自身の健康を大事にしましょうね。

3.ストレス
ストレスを過度に感じると、脈が速くなり血圧が上がります。
そうすると、血液の流れが悪くなったり血糖値が上がったりなど悪影響を及ぼします。

4.食生活の乱れ
普段から、油ものや肉類を食べ過ぎていたりお菓子やデザートを食べすぎたりしていませんか?
脂肪分の多いものを摂取しすぎるのも、血液ドロドロの原因になります。
エネルギーとして使われなかった糖分は中性脂肪に変わってしまいます。
中性脂肪が多いと血小板が詰まったりと血液ドロドロの原因要因になります。

5.水分不足
汗を大量にかく時期や、熱が出て水分不足になり脱水症状なってしまうことがあります。
脱水症状の状態は、血液ドロドロになってしまう原因の1つです。
暑い日や、発熱しているときはしっかり水分摂取をしてください。

まとめ
血液ドロドロの原因は、普段の生活は原因でなってしまっていることがわかりました。
生活を見直し血液ドロドロの状態にならないようにしましょう。
はやめからの改善が必要です。将来の健康のため少しずつ始めていきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。